沖縄離島ツアーズ featuring 沖縄離島ドットコム

沖縄ツアー詳細

おすすめの各地発の沖縄本島ツアーです。料金やツアー詳細など、さらなる情報を見るには、ページ下の「この沖縄ツアーの詳細/料金を見る」ボタンをクリックして下さい。料金表や取扱代理店の情報などもそちらからチェックできます。

JAL便
各地発
沖縄本島
行き
パッケージ
ツアー
1泊付き
ツアー

西海岸リゾートステイの沖縄ツアー

■ツアー詳細/ツアー特典
  • 沖縄の多くのリゾートホテルが立ち並ぶ西海岸エリア。メインのR58号線沿いにはおしゃれなSHOPやレストランもあり人気のエリアです。

この沖縄ツアーの詳細/料金を見る
■このツアーで行ける離島/エリア
  • 中部エリア

    美浜アメリカンビレッジを有する人気の北谷エリアから、古き良き街並みを残すコザまで、様々な表情をもった町を有する沖縄中部エリア。読谷村では青の洞窟で有名な真栄田岬、ドライブにおすすめの海中道路など、海も町並みも楽しめるエリアです。

  • 北部エリア

    沖縄北部エリアといえば西海岸のビーチリゾート。恩納村から名護にかけてある数多くのリゾートホテルが有名でしょう。それと本部半島にある美ら海水族館も見逃せないところ。名護より北へ行くと大自然が広がるやんばるエリアがあり、ジャングルも体験でき、見所が多いエリアです。

  • 伊計島

    沖縄中部、海中道路を抜けて最後にたどり着くのがこの伊計島。伊計島には大きなホテルが1つある以外は、ビーチがいくつかある程度ののどかな離島です。でもその伊計島のビーチは何故か2つとも有料。特に本島のビーチよりキレイという訳でもないのでわざわざお金を払っていく感じじゃないかも?

  • 海中道路

    与勝半島から伊計島などの橋つながりの離島へ行く際に通る道が海中道路です。海中道路とは海の一部を埋め立てて作る道路の総称。水中は通るわけではありません(笑)。ただここの海中道路は距離が長く両側を綺麗な海に囲まれているので、まさに海の上を走る感覚が得られる道かもしれません。

  • 浜比嘉島

    浜比嘉島は海中道路から平安座島に入ってすぐに右にある浜比嘉大橋を越えて行ける離島。浜比嘉大橋は海中道路ではなく高架橋ですので橋から見渡す景色がとてもキレイです。また島自体はのどかで離島っぽさがただよっています。島の奥には神聖な場所もありいろいろな魅力がある島かもしれません。

  • 宮城島

    伊計島と伊計大橋でつながっている離島が宮城島です。宮城島はこの伊計島界隈の離島の中では高台がある離島で、道路はアップダウンが激しいので運転には気をつけましょう。ただし高台が故に景色がキレイなので、運転の休憩がてらにきれいな景色を見るのもいいかもしれません。

  • 平安座島

    海中道路を渡って最初にたどり着くのがこの平安座島。集落は海中道路近くにあってお店も少しながらあります。島の大半を近代的な石油コンビナートが占めていますが、ドライブをしている上ではそんなに気になりません。むしろコンビナート横のまっすぐな道路はドライブにとても気持ちいいです。

  • 津堅島

    別名「キャロットアイランド」と呼ばれる津堅島。何故キャロットアイランドと呼ばれるかというと島の畑の多くがにんじん栽培をやっていて、津堅島を散歩するとにんじん畑をよく目にします。それに合わせて様々なにんじんのオブジェやモチーフがあり、それを探すのも楽しみかもしれません。

  • 瀬底島

    本部半島と瀬底大橋でつながっている瀬底島。沖縄本島から車で直接行ける離島として、特にシュノーケリングで有名だった瀬底島です。ただ現在はその海を占拠するかのようなホテル計画が破綻して廃墟と化していてその光景は痛々しい限りです。現在の瀬底島は大橋近くの浜で十分かも?

  • 水納島

    水納島(みんなじま)は宮古エリアにはもありますが、こちらは沖縄北部の本部沖にある離島。その島の形からクロワッサンアイランドと呼ばれ親しまれている島です。沖縄本島からは渡久地港から定期便の船が出ていて、夏場のハイシーズンには便数も多くなるので気軽に日帰りできます。

  • 古宇利島

    古宇利島の語源は「恋島」らしく、それが「くい島」になって、最後は「古宇利島」なったらしいです。沖縄版アダムとイブなど様々な言い伝えがある島、古宇利島です。古宇利島は2005年に屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、今では車でも行けるようになりました。

  • 屋我地島

    古宇利大橋が開通し、沖縄本島から古宇利島まで行く途中にあるのが屋我地島。経由するだけの島になりがちですが、その途中の島の光景は雄大な景色が広がっていて意外と飲食店も多くあります。何より古宇利島のように観光化されていないのでのんびりドライブするのもおすすめです。

  • 北部奥武島

    沖縄北部にも奥武島があります。この奥武島は屋我地島と沖縄本島を結ぶ道路がある島で、野球場とお墓以外は何もなさそうです。国道58号線から古宇利島方面へ曲がると、そのままこの奥武島に入っていて、すぐに屋我地大橋にかかり屋我地島に入ります。

  • 伊江島

    沖縄本島の本部港から船で気軽に行ける伊江島。フェリーの数も多いので港に駐車場も整備されているので日帰りもしやすい離島かもしれません。そして本部半島からもよく見える山、城山ことタッチューが特徴的な離島。美ら海水族館や備瀬や瀬底島からもよく見える島です。

この沖縄ツアーの詳細/料金を見る
ページの先頭へ戻る△
ページの先頭へ▲