沖縄離島ツアーズ featuring 沖縄離島ドットコム

沖縄ツアー詳細

おすすめの羽田発の石垣島ツアーです。料金やツアー詳細など、さらなる情報を見るには、ページ下の「この沖縄ツアーの詳細/料金を見る」ボタンをクリックして下さい。料金表や取扱代理店の情報などもそちらからチェックできます。

その他
複数便
羽田発
石垣島
行き
1泊付き
ツアー
往復
航空券

東京/羽田 ⇔ 石垣 今月発 往復航空券(ホテル付含)

■ツアー詳細/ツアー特典
  • 東京/羽田発 石垣行き、今月出発の国内航空券(往復)を比較できます。※1日分の宿泊施設利用が付いている商品も含まれています。また、表示の金額は1ヶ月間の最低販売価格です。掲載されている金額の商品が販売終了などのため存在しない場合もございます事、予めご了承ください。

この沖縄ツアーの募集は終了しました
■このツアーで行ける離島/エリア
  • 石垣島

    八重山列島の中心的存在の石垣島。八重山の各離島への出発点となる石垣島離島桟橋。そして八重山の空の玄関口である新石垣空港。八重山の全てがここ石垣島から始まります。そして石垣島には景勝地である川平湾や白保・平久保・玉取など、絶景を望める観光スポットも多く存在します。

  • 竹富島

    石垣島から高速艇でわずか10分。高速艇も30分間隔で出ていますので、路線バス感覚で渡ることができる離島です。また竹富島にはいかにも沖縄的な集落が形づくられていて、なごみの塔から見下ろすその景色は竹富島の象徴的な風景を醸し出しています。

  • 小浜島

    朝の連続ドラマ小説「ちゅらさん」の舞台になり、一躍有名になった小浜島。中でもシュガーロードと呼ばれる道は、ドラマのロケ地にもなったようで、小浜島の一大観光名所となりました。小浜島にはこのシュガーロード以外にものどかな道がいろいろ楽しめます。

  • 嘉弥真島

    小浜島の北の沖に浮かぶ無人島。嘉弥真島はウサギが多く生息する島でも有名ですが、基本的にツアーか渡し船でしか行けません。小浜島からなら船で気軽に行けると思いますし、各種ツアーでもカヤマ島まで行ってくれるものもあると思います。

  • 浜島

    小浜島の北東にある島というか砂浜。浜島は砂浜の島なので潮の干満によっては消えてしまうことから「幻の島」とも言われますが、実際は岩場もあって砂浜も条件が揃わない限り海から出ていることが多いみたいです。基本的にツアーでしか行けませんが多くのショップがここを含めたツアーを開催しています。

  • 西表島

    マングローブの熱帯雨林が広がる西表島。西表といえば緑豊かな大自然にイリオモテヤマネコをはじめとする様々な生物など、他の離島とは異なる雰囲気の離島です。西表島ではカヌーや遊覧船によるジャングルクルーズから、シュノーケリングなど様々な楽しみ方ができます。

  • 鳩間島

    ドラマ「瑠璃の島」の舞台&ロケ地になったことで有名になった鳩間島。とても小さな島で歩いて一周できるくらいの離島です。以前は島への定期便はなかったのですが、ドラマ前後ぐらいから定期便が就航して気軽に行くことが出来るようになりました。石垣島や西表島から日帰りも可能です。

  • バラス

    西表島と鳩間島の間にある無人島「バラス」。サンゴの殻が海流の影響で堆積してできた島なので、地図上には存在しない離島です。バラスはサンゴの殻のみでできているので島は真っ白で、周辺の海の青色とのコントラストがとてもきれいです。反面日陰が全くないので、ツアーなどで行かれる際は日除け対策をしましょう。

  • 黒島

    牛が多いことで有名な黒島ですが、実際に上陸してみると、そののどかさに心奪われます。まさにこれぞ離島、そんな感じがするのが黒島です。確かに牛は多いですが、ここで育った牛が石垣牛として石垣島へ渡り、そして本土の松阪牛などの高級和牛になることもあるので、黒島はまさに和牛のルーツと言えるかもしれません。

  • 新城島

    石垣島をはじめとする他の離島からの定期便がない島、新城島。「あらぐすくじま」と読みます。神の島とも呼ばれ、島内には立ち入ることができない神聖な場所がありますので気をつけましょう。新城島は2つの島から構成されており、一般的にツアーで行けるのが上地島。もう一つの下地島は牧場があるだけの島です。

  • 波照間島

    日本最南端の有人島「波照間島」。最果てのうるま(珊瑚礁)という意味から波照間島(はてるまじま)という名前が来ています。波照間島と言えば最南端の碑や南十字星が見れる島というのもありますが、やはりニシ浜。一度この海の色を見てしまうと心奪われてしまいます。

この沖縄ツアーの募集は終了しました
ページの先頭へ戻る△
ページの先頭へ▲