沖縄離島ツアーズ featuring 沖縄離島ドットコム

沖縄ツアー詳細

おすすめの羽田発の沖縄北部ツアーです。料金やツアー詳細など、さらなる情報を見るには、ページ下の「この沖縄ツアーの詳細/料金を見る」ボタンをクリックして下さい。料金表や取扱代理店の情報などもそちらからチェックできます。

ANA便
羽田発
沖縄北部
行き
パッケージ
ツアー

旅ドキフリープラン / 万座ビーチホテル&リゾート ¥39000〜¥242000 (基本料金)

■ツアー詳細/ツアー特典
  • 朝食付

  • 季節を問わず楽しめる、アクティブな岬の楽園

  • マリン&フィールドスポーツ割引※メニュー、利用日により割引率が異なります。※一部適用除外メニューがございます。

  • ビーチパラソル・デッキチェア・ビーチタオル・水着・ウェットスーツを滞在中無料貸出

  • 朝食券をマルチクーポンとして利用可能※朝食券1枚:ランチ、紅型体験教室、サブマリンJr.など※朝食券2枚:夕食、スノーケリングツアーなど※その他にもご利用可能なメニューがございます。詳しくは、お問い合わせください。

  • バレーパーキングサービス

  • アニバーサリーポイント:ご旅行期間中に記念日(誕生日、結婚記念日)を迎えられるお客様、内容:夕食利用時ホテル内レストランにてハーフワイン1本またはホールケーキプレゼント※夕食はサービスに含まれません。※ご利用日の前日までに、夕食の予約とともにホテル予約係までお客様ご自身でお申込みください。

  • スマイルマタニティサービス:客室にて、抱き枕・足枕の無料貸出、通常のお料理をハーフサイズにして、半額でご利用いただけます。

  • キッズサービス:1.ディナーブッフェを、1回500円でご利用可能 2.3連泊以上のお子様は、泊数分のランチフリーサービス 3.ご希望のお客様にキッズグッズプレゼント 4.レストランでお子様用品をご用意 5.ビーチ砂遊びセット、プール水遊びセット無料いただけます。

  • 屋外プール完備、大浴場無料、サウナ無料、駐車場完備(無料)、コンビ二または売店、朝食券を昼食券に変更可

  • キッズサービス(お客様ご自身で事前に電話予約):ベビーカー貸出しあり、ベビーベッドまたは(ベッドガード)(ベビーコット)貸出しあり、託児室、子供用ナイトウェア(スリッパ有)

この沖縄ツアーの募集は終了しました
■宿泊ホテル

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

万座ビーチホテル&リゾートは恩納村の海岸沿いに立地した、大規模ホテル。吹き抜けのロビーがリゾートを演出。プライベートビーチあり。 万座毛も一望。

この沖縄ツアーの募集は終了しました
■このツアーで行ける離島/エリア
  • 北部エリア

    沖縄北部エリアといえば西海岸のビーチリゾート。恩納村から名護にかけてある数多くのリゾートホテルが有名でしょう。それと本部半島にある美ら海水族館も見逃せないところ。名護より北へ行くと大自然が広がるやんばるエリアがあり、ジャングルも体験でき、見所が多いエリアです。

  • 瀬底島

    本部半島と瀬底大橋でつながっている瀬底島。沖縄本島から車で直接行ける離島として、特にシュノーケリングで有名だった瀬底島です。ただ現在はその海を占拠するかのようなホテル計画が破綻して廃墟と化していてその光景は痛々しい限りです。現在の瀬底島は大橋近くの浜で十分かも?

  • 水納島

    水納島(みんなじま)は宮古エリアにはもありますが、こちらは沖縄北部の本部沖にある離島。その島の形からクロワッサンアイランドと呼ばれ親しまれている島です。沖縄本島からは渡久地港から定期便の船が出ていて、夏場のハイシーズンには便数も多くなるので気軽に日帰りできます。

  • 古宇利島

    古宇利島の語源は「恋島」らしく、それが「くい島」になって、最後は「古宇利島」なったらしいです。沖縄版アダムとイブなど様々な言い伝えがある島、古宇利島です。古宇利島は2005年に屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、今では車でも行けるようになりました。

  • 屋我地島

    古宇利大橋が開通し、沖縄本島から古宇利島まで行く途中にあるのが屋我地島。経由するだけの島になりがちですが、その途中の島の光景は雄大な景色が広がっていて意外と飲食店も多くあります。何より古宇利島のように観光化されていないのでのんびりドライブするのもおすすめです。

  • 北部奥武島

    沖縄北部にも奥武島があります。この奥武島は屋我地島と沖縄本島を結ぶ道路がある島で、野球場とお墓以外は何もなさそうです。国道58号線から古宇利島方面へ曲がると、そのままこの奥武島に入っていて、すぐに屋我地大橋にかかり屋我地島に入ります。

  • 伊江島

    沖縄本島の本部港から船で気軽に行ける伊江島。フェリーの数も多いので港に駐車場も整備されているので日帰りもしやすい離島かもしれません。そして本部半島からもよく見える山、城山ことタッチューが特徴的な離島。美ら海水族館や備瀬や瀬底島からもよく見える島です。

この沖縄ツアーの募集は終了しました
ページの先頭へ戻る△
ページの先頭へ▲