沖縄離島ツアーズ featuring 沖縄離島ドットコム


格安航空券

LCCエアアジア沖縄便『那覇空港とのアクセス』


▼スポンサードリンク

那覇空港とのアクセスは、LCCに関係なく普通の飛行機でも言えることですが、最近ちょっと違った往来をするようになったので、そのレポートをしたいと思います。


那覇空港とのアクセスはホテルやツアーショップやレンタカー屋の送迎が無い限り、まずモノレールこと「ゆいレール」を使うと思います。もちろんタクシーの利用もあると思いますが、コスト的にはモノレールの方が断然安いですからね。場所にもよりますがタクシーだと那覇中心街までなら1000円ちょっとですが、モノレールなら260~290円ぐらいなので、特に一人旅や二人旅だとモノレールの方が安上がりになると思います。

モノレールなら那覇空港発だと朝や夕方など便数が多い時間帯以外は、毎時0分/10分/20分/30分/40分/50分と10分単位で出ていますので、とてもわかりやすいかと思います。ただ那覇空港駅は到着ロビーからかなり歩かされるので、飛行機を降りてから10分ぐらいはかかると思った方が良いと思います。私がダッシュしても5分では間に合いませんでした^^ゞ

またモノレールの各駅はお世辞にもアクセスが良い場所にはあまり無いので、那覇空港から乗ってもホテルや港までかなり歩かされますし、逆に那覇空港へ行く場合も当然駅までかなり歩くことになります。

ちなみに那覇空港まで徒歩でも何度か行ったことがありますが、国道58号線の起点でもある明治橋からだと「3.8km」あり、普通の歩くスピードだと「徒歩48分」ってところかと思います。でも明治橋から空港までは大きな信号がほとんど無いですし、歩道や遊歩道がしっかり整備されているので、歩きやすいのですが、真夏はおすすめしません(笑)。


そして本題。最近よく利用する空港への違ったアクセス。

っていうか前記の中で1つだけ登場していない交通手段がありますよね。

そう。路線バスです。


まず空港と中心街とを結ぶ路線バスは運賃が220円とモノレールより確実に安いです。もちろんタクシーよりも安いですし、路線によっては国際通り経由の便もあれば、国際通りをパスして国道58号線を走行する便もあります。

なので国際通りも好きなところまで行けますし、国道58号線沿いのホテルや港などへ行くにも路線バスはとても便利!

ただ、空港発着の路線バスはとても少なく、しかも難しい。

でも路線が少ないからこそ、コツを覚えるのも簡単で、私も最初はそのコツがわかりませんでしたが、乗っている内にその便利さを理解したので、最近の那覇空港への往来はほとんどバスになっています。

そしてキーになる路線が以下のもの。

・99番 天久新都心線(国道58号線経由)
・120番 名護西空港線(国際通り/国道58号線経由)
・25番 普天間空港線(国際通り/首里経由)

他にも空港と市街を往来する路線もありますが、行く便と行かない便があったりして難しいので、この3つだけピックアップしました。

中でも99番。国際通りを経由しないで那覇空港と市街と往来できるので、これが一番重宝しました。しかもこの99番なら泊港近くの「泊高橋」バス停でも発着しますし、国際通りは通らないものの入口でもある県庁北口(パレットくもじの向かい)にもバス停があるので意外と便利。しかも那覇空港行きの場合は国内線ターミナルのチケットカウンターがある3階に直接行ってくれますし、JAL側(南)でも下車できますし、ANA側(北)でも下車できるので、モノレールの駅から延々空港内を移動するよりかなり楽。

しかも料金は那覇中心街からならほぼ一律「220円」。モノレールが260~290円なのでバスの方が安いんです。

便数は30~40分に1本程度なので本数こそ少ないものの、予め時間を調べて行けば気軽に利用できます。また気になるバスの遅れもこれらの路線では今のところ大きな遅れはなかったので、その点も利用しやすいかと思います。ただ120番と25番は国際通り経由なのでとにかく時間がかかります。あの道が細くて路駐も多い国際通りの中を通りますからね。そういう意味でも国際通りを通らない99番がオススメということなんです。

まぁ空港発のバスなら国際通り経由でもそんなに気にならないと思います。

でも個人的には泊港近くにバス停がある99番が一番のお気に入りです!^-^!


ちなみに那覇空港行きのバスに関しては乗られるバス停次第で時間は大きくかわりますので、乗られる際はバス停の時刻表をチェックしておくと良いですが、那覇空港発のバスは以下の時刻のようなので、機会があれば利用してみて下さい。空港発のバスは始発なので時間が遅れることはそうそう無いと思います。でも下車はチケットロビーの3階ですが、乗り場は1階の到着ロビーのANA側(北)なので、到着ロビーを出てそのまま外に出ればOKです。


<那覇空港発99番>国道58号線経由※2012年9月現在
(平日)07:55/08:45/09:25/10:00/10:45/11:25/12:10/12:50/13:35/14:10/14:50/15:20/15:50/16:20/16:50/17:20/17:55/18:25/19:15/20:10
(土日)08:15/09:00/09:50/10:35/11:05/11:40/12:25/13:05/13:55/14:35/15:20/15:55/16:35/17:20/18:05/18:50/19:50

<那覇空港発120番>国際通り/国道58号線経由※2012年9月現在
(全日)08:35/08:50/09:15/09:40/10:05/10:30/11:00/11:30/12:00/12:30/13:00/13:30/14:00/14:30/15:00/15:30/16:00/16:30/17:00/17:30/18:00/18:30/19:10/19:45

<那覇空港発25番>国際通り/首里経由※2012年9月現在
(平日)08:40/09:15/09:45/10:10/10:40/11:15/11:45/12:15/12:45/13:25/14:25/15:05/15:35/16:05/16:45/17:15/17:45/18:20/19:00/19:35/20:05/20:30/21:00





あと参考までの泊港近くの「泊高橋」バス停の99番時刻表については以下の通りです。那覇空港と泊港(泊高橋)は道路事情にもよりますが25分ぐらいで往来できると思います。バス停は那覇空港から来るとまさに「とまりん」の入口目の前で、那覇空港行きになるとその向かい側の沖縄銀行の先にあります(ダイビングショップの目の前)


<泊高橋発99番>※2012年9月現在
(平日)07:21/07:57/08:24/08:55/09:14/09:47/10:21/10:56/11:30/12:05/12:40/13:20/14:02/14:42/15:22/16:02/16:42/17:22/18:10/18:41/19:16/19:40/20:03/20:35/21:04
(土日)07:23/08:13/08:44/09:14/09:49/10:29/11:08/11:53/12:38/13:13/13:58/14:46/15:28/16:08/16:54/17:42/18:22/19:00/19:42/20:23





ちなみに99番なら国道58号線を通りますので、途中の「公園前(奥武山公園)」「旭橋(リーガロイヤル前)」「県庁北口(国際通り入口)」「農林中金前(久茂地交差点近く)」「若松入口(ココイチ近く)」にも停まります。120番や25番だと「公園前(奥武山公園)」「旭橋(リーガロイヤル前)」「県庁北口(国際通り入口)」と国際通り内の「松尾(JALシティ近く)」「牧志(南西観光近く)」にも停まります。


とかく沖縄本島のバスは難しいと言いますが、慣れちゃえばモノレールよりもはるかに便利。特に那覇中心街は料金もほぼ一律220円ですし、さすがにsuicaなどの電子マネーは使えませんが、バス停が便利なところの多いので是非とも使ってみて下さい。でも乗車の際は地方バス特有の「乗車チケット」を受け取らないと、えらい料金になってしまいますので必ず受け取りましょう!

ちなみにバスなら空港まで、空港からはフロア移動無しで乗車下車できますので、荷物がある場合なんかは特に便利だと思いますよ。何より220円で空港~那覇中心街を往来できるので安い!っていうかモノレールが高い!!!

しかもバスは地元の人しか乗らないので、基本的に空いています。特に那覇空港発の便はガラガラなので、そういう意味でもおすすめだと思いますよ。

那覇中心街と那覇空港とのアクセスは、路線バスが断然おすすめです^^v

とかくLCC利用で旅行代を安く済ませたい方は、路線バス利用でさらに安上がりに沖縄旅行をしましょう!





-----MENU-----
1.LCCエアアジア沖縄便『那覇空港とのアクセス』
2.LCCエアアジア沖縄便『那覇空港でのLCC受付と搭乗』
3.LCCエアアジア沖縄便『エアアジアの機内』
4.LCCエアアジア沖縄便『成田空港から都心へのアクセス』
5.LCCエアアジア沖縄便『都心から成田空港へのアクセス』
6.LCCエアアジア沖縄便『成田空港でのLCC受付と搭乗』
7.LCCの午前6時台の成田発に搭乗する方法
8.LCCジェットスターとエアアジアの乗り比べ
※この内容は個人的な見解もありますので予めご理解願います。

日時: 2012年09月28日09:49|格安航空券


▼スポンサードリンク

おすすめホテル
おすすめサイト




ページの先頭へ▲