沖縄離島ツアーズ featuring 沖縄離島ドットコム


格安航空券

LCCエアアジア沖縄便『成田空港でのLCC受付と搭乗』


▼スポンサードリンク




各LCCのチェックインカウンターについてですが、2階のジェットスターは噂通りにきちんとした受付コーナーがありますが、1階のエアアジアはこちらもある意味噂通り。

チェックイン機はあるものの受付カウンターは無し。私は受託手荷物が無かったので詳細はわかりませんが、どうやら搭乗ゲートの脇の簡易テーブルで荷物を受け付けているようです。またチェックインの際も立ったスタッフにチケットのもぎり(WEBチェックインの場合はプリントアウトした用紙を手で切って手続き)をしてもらい、そのまま搭乗ゲートへ行く感じでした。

まぁある意味、離島の空港に近いイメージではないでしょうか?でも離島の空港でもカウンターはきちんとありましたが、エアアジアには搭乗ゲートがあってその脇のテーブルで手荷物を処理している感じだったと思います。

でもこれはあくまで9月だけの話で、2012年の10月中旬以降は暫定施設がオープンするとのことなので、少しはマシになると思います。特に搭乗後は・・・





そしてエアアジアの搭乗ロビーへ。

いかにも仮設の渡り廊下を抜けるとそこには噂通りの「半屋外待合所」!

しかも搭乗したのがまだ夏だったのに、とにかく暑かった。半屋外なのでエアコン無し。扇風機はあるもののLCCだけあって搭乗率が高く人も多くてとにかく蒸し暑かったです。

加えてトイレがないという噂だった待合いだったのですが、簡易トイレが設けられていました。しかしそのおかげで待合い中がトイレ臭かったです。

離島でもここまでヒドイ空港待合いは無いですね。確かに急ごしらえなのはわかりますが、もう少し何とかならないもんでしょうかね。トイレもパーティションなどの壁ではなくプラスチックの囲いがしているだけで、トイレこそ使いませんでしたが中は想像できます。搭乗ゲートに入る前なら成田空港としてのきちんとしたトイレが近くにありますので、用を済ませてから搭乗ゲートをくぐりたいものです。

でもこちらもあくまで今だけなので、10月中旬以降にできる暫定施設になれば改善されると期待しています(/o;)

あと搭乗ロビーは暑くて臭かったのに加えて、先の機内マナーの悪さもここではあって、椅子がなければ床に座るわ、ゴミ箱がないから(実際にはあるのですが分かりにくい)そこいらに放置するわ、通路を塞いでたむろするわで、正直なところ落ち着けません。

ジェットスターはわかりませんが、エアアジアに関しては暫定施設がオープンするまでは出来る限りギリギリまで搭乗ゲートをくぐらないで成田空港内(室内)で待った方がオススメです。成田空港内ならエアアジアの搭乗口近くにコンビニや飲食店も多くあるので意外と便利です。逆にジェットスターはチケットカウンター周辺には何もお店などはありませんが、こちらはきちんとした搭乗待合いならいつ搭乗ゲートをくぐっても問題ないかもしれませんね。

ちなみにエアアジアの搭乗ロビーにはエアコン無く、トイレは簡易ですが、自販機はあります。でもエアアジアって機内での飲食禁止なのでやや微妙。あと暑かったので無料の団扇はありましたが、真夏だとそれじゃしのげないレベルでした。

この半屋外の搭乗ロビーだとエアアジア利用はもう無しだなって感じました。それほど辛かった搭乗までの待ち時間でした。





ちなみに暫定施設はこの半屋外の搭乗ロビーのすぐ横に9月の時点で建設中でした。プレファブ的な建物ですが、でもそれなりの広さはあったようです。もちろんカウンターもトイレもあると思います(笑)。

ただこの建設中だった建物がエアアジアの暫定施設という確証はないですが、工事の進捗状況やプレス発表からすると多分間違いないと思います。10月中旬以降は期待しましょう。

最終的には成田空港にもLCC専用ターミナルが出来るらしいですが、完成は2014年度中とのことなのでもう少し時間がかかりそうです。





ちなみにエアアジアの沖縄行きに搭乗するときは、めっちゃ雨でした。先の暫定施設の写真も雨越しに見ています。なのであの強烈な待合いスペースは雨こそ吹き込んでこないものの、むちゃくちゃ蒸し暑かったのは言うまでもありません(/o;)

しかもバスは後ろ付けで搭乗口に着けますので、バスの横の乗り口までは荷物を持って雨の中を歩かないとなりません。これも暫定施設で改善されると思いますが・・・。もちろんバスまでの搭乗も仮設テントのようなものの中を通りますので、ほとんど屋外って感じです。工事現場のテントの中を通過しているイメージでした。

そしてバス移動。延々空港待機スペースの遠くまで行かされるのかと思っていましたが、意外とそんなに走った感じではありませんでした。まぁもともと空港の端から出発したので、既に空港の端にはいたのからかもしれませんが、成田空港に到着した時よりはバス移動は短かったような気がしました。

LCCの待機場所はジェットスターもエアアジアも同じ場所のようで、隣り合っていました。でもヘットスターはスムーズに搭乗できたのに対して、エアアジアはバスで乗客を飛行機の近くまで移動させているのにもかかわらず、燃料補給のために待機。

こういう段取りが悪いところがLCCの遅延に繋がっているんでしょうね。

もちろん搭乗は階段。でもエアアジアも多分ジェットスターも前だけじゃなく後ろからも搭乗できるので、スムーズに搭乗可能なはずなんですが、エアアジアは何を血迷ったか、前列に搭乗予定の乗客を飛行機の後方から、そして後列に搭乗予定の乗客を前方から乗せて機内は大混乱(笑)。

そんなこんなで搭乗にかなり時間を要して、結局最初は40分程度の遅れのはずでしたが1時間ぐらいの遅延になったようです。

那覇空港での段取りの悪さもさることながら、成田でもこの有様では、定刻通りに飛べるはずは無いと感じました。いくらLCCでもこのぐらいは制御出来るはずなのに、なんなんでしょうね。この段取りの悪さは。

そして搭乗しても恒例の空港内渋滞。当初のスケジュールから遅れるとよりこの渋滞にはまりやすくなるので、今回乗ったエアアジアはものすごい待たされました。

結局離陸したのは予定より1時間半ぐらい遅れたのかな?

まぁ沖縄行きは着いても午後7時とか8時なので全く問題ないのですが、その便を利用して成田へ戻る方はとても大変かと思います。なにせその機材が来ない限り成田へは戻れませんからね。1時間半も遅れると成田門限の23時着ギリギリだったのかもしれません。でも成田の門限に間に合っても、その後の移動手段は限られますので、自宅や目的までタクシー以外でたどり着けた人は少ないかもしれませんね・・・

でも明日は我が身のLCC(ToT)





そういう訳で、ある意味衝撃的な成田発のエアアジア沖縄便なのでした。

でも那覇到着後は先のバスの時間もチェックしていたので、モノレールを使わずに無事に那覇市街へ戻ることが出来ました。

とりあえず成田発の便はあの搭乗ロビーさえどうかなれば使えるLCC。逆に沖縄発の便はどうしても成田の門限ならびに成田から都心までの交通機関に問題ありますので、あまり使いたくないかな?

おすすめなのは沖縄行きはLCCを利用して、沖縄からの帰りは羽田着のスカイマークかな?


(終わり)



-----MENU-----
1.LCCエアアジア沖縄便『那覇空港とのアクセス』
2.LCCエアアジア沖縄便『那覇空港でのLCC受付と搭乗』
3.LCCエアアジア沖縄便『エアアジアの機内』
4.LCCエアアジア沖縄便『成田空港から都心へのアクセス』
5.LCCエアアジア沖縄便『都心から成田空港へのアクセス』
6.LCCエアアジア沖縄便『成田空港でのLCC受付と搭乗』
7.LCCの午前6時台の成田発に搭乗する方法
8.LCCジェットスターとエアアジアの乗り比べ
※この内容は個人的な見解もありますので予めご理解願います。

日時: 2012年09月28日09:58|格安航空券


▼スポンサードリンク

おすすめホテル
おすすめサイト




ページの先頭へ▲