沖縄離島ツアーズ featuring 沖縄離島ドットコム


格安航空券

成田空港第3ターミナルの裏技。東京シャトルなら「第2北」下車がおすすめ。


▼スポンサードリンク


先日、始めて成田空港の実質的「LCC専用ターミナル」でもある「第3ターミナル」を利用してきました。事前の情報でも電車などでアクセスしやすい「第2ターミナル」からはかなり距離があるとの情報でしたが、確かにかなり有りますね。特に第2の中でもJRや京成の駅からだとさらに遠く感じます。正直、第3利用の場合は今後は電車での成田までのアクセスはお勧めできないと思います。特に大きな荷物を持ってのあの「駅~第3」移動は現実的では無いレベル。

そして注目されたのがバス。東京駅から出る「東京シャトル」。第3専用のバス停も設置するとのことで、今後はこの第3へ行く際はバス利用が多くなりそうですが、この第3専用のバス停もかなり問題あり。第3専用バス停でもターミナルまで「徒歩5分」も歩きます。しかしそれ以上に問題と思われたのはそのバスが止まる順番。

東京駅からだと成田に着いても最初に「第2」の2つのバス停(北・南)に止まり、次いで「第1」、そして「第3」は最後になるので空港に到着してから公称で「15分後」に第3到着。そこに加えてバス停に止まるたびに荷物などを下ろしたりする時間も考慮すると実際はそれ以上の時間がかかります。第3に行くまでに3個のバス停に止まって荷物の下ろす作業をするのですからね。

そして第2ターミナルと第3ターミナルとは公称で「徒歩15分」。この数値を見れば分かると思いますが・・・


「第2で降りた方が第3までは早い!」

(第2で降りた場合)第2北バス停+徒歩15分→第3ターミナルまで「15分」
(第3で降りた場合)第2北バス停+15分後に第3バス停+徒歩5分→第3ターミナルまで「20分」


公称の数値でも第2北で降りた方が早いのですが、実際に第2と第3との距離は500mとのことで不動産の「駅徒歩」換算だと「徒歩7分」。つまり公称の「15分」というのは多すぎなのでさらにこの2つの時間差は大きくなると思います。もちろん大きな荷物を持っての移動なのでその分を加算されているのかと思いますが、それでも第2北で降りた方が早いような気がします。

しかし問題は第2北の到着バス停が3階なので、1階にある第3への連絡通路まではエレベーターで2フロア分降りなければなりません。まぁ第2北入口のすぐ近くにエレベータがあるので移動はそんなに要しませんが、空港側がそれを想定しておらず案内板が無いので分かりにくい。でもエレベーターさえ分かれば1階に降りた後は連絡通路までの案内があるのであとは問題無く移動できると思います。
そのロスを含めても第3のバス停までバスに乗るより第2北バス停ど降りた方が早いと思います。何より第2北バス停は成田空港で最初に下車できるバス停なので時間がもっとも読めます。荷物や人の降りる時間のロスは無いですからね。しかもバスを予約し、東京駅バス停にも早めに行って前方の席に座ればなおさら。

まだ第3のバス停で降りてアクセスしたことはないですが、今の感じでも第2北のバス停で降りた方が時間的にはメリットがあると思います。
ただし外を歩く時間が長くなるので、夏場はかなり暑いかもしれませんけどね。私自身も気温30度以上の時に利用しましたが、たまたまなのか風があったのでそんなに暑さは感じませんでしたが、この風が無いと大きな荷物をもっているときついかもしれません。でも第2北バス停から第3までは坂はあるけど階段などは無いのでのんびり歩けますが、第3バス停からだと途中道路を越えるブリッジがあったような・・・(階段有り)

第3ターミナル自体の詳細はまた別のレポートで綴りますが、まずは成田空港第3ターミナルまでのアクセス方法についてお届けした次第です。まぁ通常通り第3バス停から行くパターンと、今夏の第2北バス停から行くパターンの両方ともチャレンジするのが無難かもしれませんね。でもどのみち成田空港でのバスは第3が最後なのでそのロスの大きさは変わりませんが・・・(第2から第3まで徒歩なら歩くスピード次第で短縮可能w)



日時: 2015年07月23日14:20|格安航空券


▼スポンサードリンク

おすすめホテル
おすすめサイト




ページの先頭へ▲